なんらかの一時的な所得を得た場合、その税金はどうなるかと気になるかと思いますので、一通り書いてみたいと思います。

あとから詳しく書きますが、競馬や、クイズで得た金額にも課税されるということですので、確認していきましょう。

まず、一時所得とはどういうものなのかということを書きます。

 

  • 一時的な所得であること
  • 働いたことによって得た所得ではないこと
  • 資産の売却によって得た所得ではないこと
  • 営利を目的とする継続的な行為から生じたものではないこと

 

となっています。

 

一時所得の例

 

一時所得をもっと具体的に書くと以下のようになります。おそらくあなたも以下のいずれかのお金を得たのでこの記事を読んでいるでしょう。

 

  • 懸賞、クイズの賞金
  • 競馬の馬券・競輪の車券の払い戻し金
  • 法人からの贈与により取得する金品
  • 遺失物を拾ったお礼でもらった謝礼金
  • 借家人が立ち退きにあたってもらう立ち退き料
  • 生命保険の満期保険金
  • 長期損害保険の満期返戻金

 

上に記載の金額についても税が課せられますので、計算方法を確認しましょう。

 

 

一時的なお金を得た時の所得の計算

 

一時的に100万円のお金が入った場合、一時所得は100万円というようには計算しません。 以下のように計算します。

 

一時所得の金額=総収入金額―その収入を得るために直接かかった費用―特別控除額(最大50万円)

 

  • 100万円の一時的な収入を得るために30万円かかった場合

一時所得の金額=100-30-50=20万円

 

  • 100万円の一時的な収入を得るために60万円かかった場合

一時所得の金額=100-60-40=0

 

 

一時所得の課税のされ方

 

では実際にどのように課税されるかというと、総合課税という扱いになります。

 

給与所得、事業所得など、ほかの所得と合算されて確定申告により、所得税額を計算します。

一時所得の合算は、一時所得の金額で算出された金額の1/2だけ加算します。

 

上の例1であげると、一時所得の金額は20万円ですので、10万円を合算させます。

 

 

一時所得の損益通算

 

一時所得によって生じた損失は、ほかの所得から差し引くことはできません。一時所得で赤字が出たとしても、相殺などの計算はできませんのでご注意ください