所得税と聞くと、「あー、儲けた時に払えばいい税金ね」と、とてもシンプルなもので特に勉強の必要がないと思われがちですが、国税の中で上位に入るほど、所得税の滞納によりトラブルになることが多い税金です。

所得税を最低限これだけは知っておけばいいというものを表付きで簡単にまとめましたので、ご覧ください。

 

そもそも所得税って何?

冒頭に述べたように「儲けた分にかかる税金」です。所得税を簡単に図で説明すると以下のようになります。

さらに詳しく書くと、「儲けた分(所得)」から「所得控除」を引いた金額が課税所得となります。
計算方法については、こちらの記事をご覧ください。

所得税は、世帯にかかるものではなく、1人1人に課される税金であることと、1月1日から12月31日までの所得に対して課税されるということは押さえておきましょう。

また所得にはしっかりと10種類の種類があるので、併せてこちらも確認しておきましょう。
10種類の所得について(記事:所得税の減らし方(控除)と計算方法より)

 

所得税の申告納税制度を知る

基本の考え方としては、一人一人が確定申告をして所得税を納める必要があります。
ただし、「所得税がかからない場合」「給与所得者で会社が納税、年末調整を行う場合」は個人での確定申告は不要となる場合があります。

納税義務者とは、字のごとく所得税を納めなければいけないもののことを言いますが、「居住者」なのか「非居住者」であるのかであった理、「非永住者以外」なのか「非永住者」なのかで分類されます。

 

納税地という概念を知る

納税をすると言った際に、国に支払うのだからどこに住んでいても同じではないか?という疑問が湧く人もいるようなので、どこに税金を納める必要があるのかということをまとめてみます。

 

つまり、納税する場所には決まりがあるため、住んでいる場所が変わった際は「住民票」を変えるだけでなく納税地の移動も併せて行う必要があります。

移動前の納税地の所轄税務署長に「納税地の移動に関する届出書」を提出しなければなりません

所得税がかからない所得

所得の全てが課税対象となるのではなく、一部課税されない所得があるので、代表的なものに絞ってかいていきます。

●宝くじの当選金
●通勤手当(月に15万円まで)
●保険金(店舗などの資産に受けた損害により支払いを受けるもの)
●慰謝料
●相続または個人からの贈与による所得(贈与税は金額によってかかります)
●遺族年金等(通常の年金には所得税はかかります)
●生活用動産(家具・衣類・電化製品等)を売却した際の所得(1個30万円超の骨董品類を売却した場合は課税)
●国や地方に財産を寄付した場合

 

所得税の計算方法に入る前に

所得税が大体こういうものかとわかったら、次は、どういう計算方法をして払う税金を計算するのか?ということがわかれば、税金の控除をうまく取り入れることができたり、節税対策としてできることが発見できるかと思いますので、所得税の計算方法についてもみていただけたらなと思います。

→所得税の計算方法(計算例あり)