個人事業主におすすめの無料会計ソフトと選び方を比較解説!


「個人事業主におすすめの会計ソフトは?」

「会計ソフト別に特徴を知りたい」

「なるべく使いやすい会計ソフトがいい」

 

でも、会計ソフトってどこが良いのかわからない..

 

この記事では、個人で使える会計ソフトの選び方のポイントと、おすすめの会計ソフトについて紹介していきます。

 

会計ソフト選びの3つのポイント

 

個人事業主として事業を進めることにおいて、確定申告の有無が必須となります。

より節税をしようと青色申告で複式帳簿を作成する場合は、会計ソフトを使っての帳簿付けの作業をおすすめします。

 

会計ソフトを選ぶ際に重要なのは、以下の3つです。

 

  • クラウド型かインストール型か
  • 会計ソフトのコスパ
  • サポート内容

 

それぞれ順に解説していきます。

 

会計ソフトはクラウド型とインストール型どちらが良い?

 

会計ソフトは大きくクラウド型とインストール型に分けられます。

結論、個人で使うならクラウド型が圧倒的におすすめです。

 

会計ソフトを選ぶ際には、「どういった目的で導入するか」をわかった上で選ぶことが重要です。

どちらを選ぶべきかは費用面でも検討できるので、後ほどご説明します。

 

会社で使う会計ソフトであれば、管理会計に強いものや財務会計に強いものなど、特徴によって最適な会計ソフトを選ばなければいけません。

 

あなたが個人事業主であれば、確定申告のための帳簿付けが目的となってくると思います。

その際は、銀行口座やカード明細からデータを取り込むことができるクラウド型の会計ソフトを選ぶことを特におすすめします。

 

会計ソフトは運営会社はもちろんプランによってもできること、できないことなどがあるので、作業したい範囲の業務に強いかどうかも見極めることができればより良いでしょう。

 

会計ソフトのコスパ

 

会計ソフトはインストール型とクラウド型で、年ごとの支払いと月額の支払い、初めに買い切るタイプがあります。

 

インストール型は、用意したPCに会計ソフトをインストールして利用します。

一度導入してしまえば追加費用はかかりませんが、税制改正やアップデートの際に追加で料金がかかってくるので注意しましょう。

 

クラウド型は、月額制ですがアップデート時の追加料金などは発生しません。

クラウド型を利用する場合はネット接続が必須になってきますが、クレジットカードなどのネット決済のデータも自動反映してくれます。

 

何年もの長期的な会計ソフトの利用を検討する場合、コスパ面のみを重視するとインストール型の方が費用を抑えられる可能性があります。

 

しかし、企業規模の会計業務ではなく確定申告が目的の個人事業主の方は、クラウド型の会計ソフトの方が便利かつコスパ面でも良いです。

 

クラウド型会計ソフトの値段は個人であれば980円/月〜ありますが、正直プランやできる内容によってピンキリです。

費用を最小限に抑えたい場合は、無料の会計ソフトもありますが、セキュリティ面で信用できるソフトを選びましょう。

 

「会計ソフトの特徴によって利用してみてから選びたい」という方は、クラウド型であれば無料トライアルを利用してみるのもおすすめです。」

 

会計ソフトのサポート内容

 

会計ソフト内のトラブルが起こった際には、運営会社側の迅速なサポートが必須となってきます。

特に、決算期の業務の際にエラーが発生した場合などにサポートが受けらないと業務に支障をきたしてしまいます。

月額が安い会計ソフトなどはサポート面が弱いものもあり、お金の話なので万が一に備えて運営会社のサポート体制やセキュリティ面も考慮して選ぶことをおすすめします。

 

会計ソフト選び3つのポイントまとめ

 

どれも基本的なことではありますが、以上の項目を重視して選ぶことで期待通りの会計ソフトに出会えるでしょう。

 

  • 個人で使うならクラウド型が便利!
  • どれくらいの期間利用するかを値段比較した上で決める!
  • 万が一に備えてサポート体制とセキュリティ面を重視する!

 

個人におすすめの会計ソフト3選!

 

会計ソフトの選び方はご理解いただいたところで、個人事業主におすすめのクラウド会計ソフトを5つご紹介していきます。

 

freee(フリー)

 

  • データ連携  ☆☆☆☆☆
  • 使いやすさ  ☆☆☆☆☆
  • サポート体制 ☆☆☆☆☆
  • 値段     ☆☆☆☆

 

『会計業務に慣れてない人はfreee!』

 

freee(フリー)は、超初心者の方でもスマホを使って確定申告書の作成ができる会計ソフト。会計知識がなくても質問に答えるだけで青色申告書の作成や帳簿の記入ができます。初心者でも使いこなせるソフトということでチャット・メール・電話サポートも充実しています。

 

【料金】

個人:980円〜

法人:23,760円〜

無料体験期間:30日間

 

やよいのオンラインシリーズ

 

 

  • データ連携  ☆☆☆☆☆
  • 使いやすさ  ☆☆☆☆
  • サポート体制 ☆☆☆☆☆
  • 値段     ☆☆☆☆☆

 

弥生会計シリーズは20年連続売上実績1位の大人気会計ソフトです。白色申告オンラインには、永年無料のフリープランがあります。青色申告オンラインも安価でありながら、メールや電話サポートがあるため、会計知識がない方にもおすすめの会計ソフトです。

 

『迷ったらやよいオンライン!』

 

【料金】

白色申告:無料〜

青色申告:年間8,000円〜

法人:26,000円〜

無料体験期間:60日間

 

マネーフォワードクラウド会計

  • データ連携  ☆☆☆☆☆
  • 使いやすさ  ☆☆☆☆
  • サポート体制 ☆☆☆☆☆
  • 値段     ☆☆☆☆

 

『簿記知識に少しでも自信があればマネーフォワード!』

 

他の会計ソフトと同様に、帳簿づけから確定申告の書類作成などの機能面は申し分ないマネーフォワードクラウド会計。金融機関の取引結果を自動取得でき、動作が軽いことから使いやすいと好評ですが、簿記の知識がある方向けのシステム設計となっています。なので、ある程度自分でも会計業務ができる方にとって非常に効率良く作業できるソフトになっています。

 

【料金】

個人:980円〜

法人:3,980円〜

無料体験期間:30日間

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

最後に会計ソフトの選ぶポイントについて簡単にまとめてみます。

 

会計ソフトの選び方は個人で利用する場合、白色申告か青色申告かなど、目的別に強みのある会計ソフトを選びましょう。

 

目的が定まれば、どのプランで利用したら良いのかも明確になるため、必要な機能が揃っている会計ソフトをいくつか候補に出たらコストパフォーマンスを意識しましょう。

 

また、完全無料で使い続けられる会計ソフトもありますが、機能が大幅に制限されていたりして、余計に時間と手間がかかる場合もあるので、できればこれだ、と決めたソフトの有料版を利用することをおすすめします。

 

簿記知識がない方は、初心者でも使いやすいシステム設計になっている会計ソフトを選びましょう。

 

簿記に詳しくない方からすると、会計ソフト選びだけでも一苦労だと思います。

会計管理は非常に重要なので、きちんと自分に合った会計ソフトを見つけることができれば幸いです。


税理士を探す

おすすめの記事